腰椎椎間板ヘルニア

このような不調でお悩みではありませんか?

✅ 足がしびれる
✅ 足の力が入りずらい
✅ 腰からお尻、足にかけて痛い、しびれる
✅ 整形外科でヘルニアと診断された。または、以前診断されたことがある
✅ 手術を勧められている
✅ 家事や仕事に支障があり困っている

「ヘルニア」とはどんな症状??

体の中の臓器が、本来の正しい位置、場所から飛び出してしまった状態を「ヘルニア」と言います。

体の場所によって様々なヘルニアがあります。
皆様も一度はお聞きしたこともあるかもしれませんが、有名なもので脱腸(鼠径ヘルニア)などがあります。
背骨と背骨の間にある「椎間板」(ついかんばん)と呼ばれるクッションが変性し飛び出して起きる症状を、「椎間板ヘルニア」と呼びます。

椎間板の中にある「髄核」(ずいかく)と呼ばれる組織が、外に飛び出してしまった状態であり、椎間板が年齢を重ねることにより変性することで起こります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰から殿部(お尻)、大腿部から下腿部(太ももからふくらはぎ)にかけて痛みや痺れ、感覚異常、動かしにくいなどの症状が出現します。
殿部(お尻)から大腿部(太もも)にかけての痛みは坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)と呼ばれています。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

多くは毎日の日常生活の中で、長時間の運転や重量のある物を持ち上げる動作などで腰への負担がかかり、その動作の積み重ねによって発症されます。
繰り返される椎間板への負担で椎間板ヘルニアを引き起こす為、重量のある物を持ち仕事をされる肉体労働者の方に多く、特に20代から50代の男性に多く見られます。
その他にも、立ち仕事の方や偏った姿勢でお仕事をされる方にも多く見受けられ腰や体幹を支える筋力が弱くなっているとも原因となります。

腰椎椎間板ヘルニアをそのままにしないことが大事

腰椎椎間板ヘルニアが進行すると痛みや痺れだけではなく

感覚障害(足の感覚がなくなる)
膀胱・直腸障害(排便や排尿のコントロールができない)

などの症状が見られることがあります。

症状や障害の程度によっては、入院や手術が必要となる症例がありますので、腰の痛みが続く場合や、下半身に痺れがある場合は、放置せず整形外科や整骨院を受診し、一度相談すると良いと思います。

つながり整骨鍼灸院グループの施術について

腰椎椎間板ヘルニアの施術は、痛みやしびれ対して硬くなっている腰から臀部の筋肉を緩めることを目的として「手技療法」や、筋肉や神経にアプローチする「はりきゅう施術」を行っていきます。 はりきゅう施術は腰痛や神経症状によっては、鍼灸保険が適応になることがあります。 また、歪んでいる骨盤を正常に戻すための「背骨・骨盤矯正施術」や、ご自身の筋肉や体幹のインナーマッスルを鍛える「EMSトレーニング」などで根本的に解決していく方法もご提案できますので、痛みやしびれなどの症状は放置せず、一度つながり整骨鍼灸院グループへご相談ください。

執筆者:つながり整骨院和田

院長 柔道整復師 萩原祐治




鹿児島市・姶良市を中心に 9店舗 展開中! あなたの体のお悩みはつながりグループにお任せください!

つながり整骨院の従業員 店舗一覧を見る