お知らせ

腱鞘炎

2022.05.24

鹿児島市・姶良市の皆様、このようなお悩みはありますか?

✅ 物を持つと手の親指の付け根が痛む
✅ 親指を握り込むと手首に痛みが出る
✅ 手首や手の甲、手のひらに痛みがある
✅ 育児や家事、仕事等で手が痛む
✅ スマホ・PCの長時間の操作で手が痛む
✅ 手を握ったり開いたりがうまくできない
✅ 物を掴むと手首が痛む

腕の辛さでお悩みの方、その痛みと辛さを、つながり整骨院鍼灸院グループで解消しませんか?

つながり整骨院鍼灸院グループでは、様々な痛みや辛さを引き起こしてしまう腕の痛みに対する施術プログラムをご用意しております。

根本回復を目指し、痛みや辛さのない快適な日常生活を送れるようにサポートしてまいります!!

「腱鞘炎」とはどんな症状?

腱鞘炎とは

腱鞘と呼ばれる、骨と筋肉をつないでいる腱を包み、腱が滑らかに動くよう支える滑車のような働きをする組織があり、その腱鞘が何らかの原因で厚くなったり硬くなったりして、腱鞘を通過する腱と腱鞘が過剰にこすれあってしまうことで、炎症が起こってしまいます。炎症に伴い、腫れや痛み、熱感が現れる体の不調です。さらに進行するとばね指と呼ばれる不調や、手首付近が痛むドケルバン病、指の腱が引っかかり曲げ伸ばしがしにくくなるばね指、などが引き起こされる可能性があります。

なぜ腱鞘炎は起きるのか?

腱鞘炎の原因

腱鞘炎の主な原因は、手や指を酷使してしまうことです。手を酷使する業務やスポーツに携わる方に多くみられます。さらに、片手の親指で操作するスマートフォンの利用や、ゲームコントローラの利用で発症する事例も増加しております。また、女性の場合、もともとの筋力が弱いと腱への負担が多く、腱鞘炎になってしまう事例も多いです。手首に負担がかかりやすい子育て中の方や、妊娠出産期や更年期などホルモンの変化がきっかけで体の不調が悪化してしまう場合もあります。糖尿病、人工透析を受けている方、関節リウマチ等の不調を持っていらっしゃる方にも腱鞘炎は発症が多い傾向があります。末梢の血液が滞ることや、炎症を起こすと治りにくいことから、腱鞘炎になりやすいと考えられます。

症状が改善しない理由とは?

腱鞘炎は自然治癒は難しく、不調を放置してしまうと、炎症が進行してしまい、痛みが大きくなってしまうことがあります。治療をしても関節が固まってしまい、関節の伸びが小さくなってしまうなくなることがあります。さらには、手首にまで痛みが出てくることもあります。体の不調を放置せず、整骨院や整形外科を受診し、一度相談すると良いと思います。

鹿児島市・姶良市のつながり整骨鍼灸院グループの施術について

当院では、体の不調の根本改善を目指します。

腕の筋肉をほぐすマッサージ等の筋肉調整に加えて、必要な場合は電気治療を施します。

その後、腱鞘炎の根本改善を目指します。

さらに、必要であればサポーターやテーピング、姿勢の改善、ストレッチ、私生活指導を行います。

また、痛みが強い場合、負担がかからないように無理な施術はせず最小限の力で施術を行うことを心がけています。

「このまま痛みが続くのかな…」「痛みの原因がわからない…」「腕が動かせない…」「スマホを触るのが痛い」と不安な方は、ぜひ一度ご気軽にご相談ください。つながり整骨院グループでは、放置せずに適切な処置を施すことができる独自の整体技術があり、多くの方から好評いただいております。

つながり整骨院グループでは、体のメンテナンスのために沢山の方が通っておられます。

体の痛みやしびれなどの体の不調は放置せず、一度、鹿児島市・姶良市を中心に9店舗展開中のつながり整骨院グループへご相談ください。

お困りの方は是非一度ご相談ください!

執筆者:つながり整骨院まさご

院長 柔道整復師 宮園真八