お知らせ

肩こり

2022.02.08

このようなお悩みありますか?

✅ 頭痛や吐き気がするほどの肩こりがある

✅ マッサージに行ってもなかなか良くならない

✅ ストレートネックと言われた経験があり姿勢不良で困っている

✅ 長時間の車の運転、デスクワークなどで肩こりがひどい

✅ 湿布や痛み止めを飲んでも、一時的にきつさが緩和するだけで、あまり解消されない

なぜ肩こりは起こるのか?

肩こりは下記のような日常の癖や習慣が原因で、血行が悪くなり、疲労や老廃物質がたまることにより、痛みがある張りやコリ(緊張)の症状がひどくなることもあります。

  • 長時間、デスクワークや車の運転で同じ姿勢をとっている
  • 仕事や家事で疲れがたまっている
  • 冷房や外の仕事で体が冷えている
  • 猫背の姿勢
  • 片方の肩にバッグをかける癖がある
  • 運動不足が続いている
  • 水分不足

人は座っている時の方が、正しい姿勢を保つのが非常に難しく、長時間のパソコンなどのデスクワークは、姿勢が前方に倒れやすくなります。

このような肩こりは、日々のクセや生活習慣によって引き起こることが多いことから「本能性肩こり」と呼ばれることもあります。

一般的な肩こりに対する施術方法とは?or症状が改善しない理由とは?

バランスの良い状態は、身体の土台となる骨盤が正しい位置で、背骨が正しいS字を描きながら背骨全体で頭を支えていることを言います。

日々の生活習慣やスマホ・パソコンで長時間同じ姿勢をとると、同じ筋肉に一定時間負担をかけ続けることで、自然に背骨や骨盤などの骨格に少しずつ歪みが生じます。

体全体の歪みにより頭を支えづらくなり、今度は首や肩周辺の筋肉で無理に支えようとしてしまいます。

その結果、筋肉が必要以上に過緊張してしまい血行が悪くなり、肩こりが発生してしまいます。

つまり肩こりの根本は、背骨や骨盤の歪みにあるということになります。

このような一連のメカニズムで肩こりが起きているため、緊張している筋肉だけをマッサージをしても一時的に楽になるだけなので解決しづらい体の問題となります。

大切なことは、痛みを感じている部分や緊張している部分だけではなく、体全体のバランスを調整して根本を解消していくことです。

肩こりに対する当院の施術方法とは?

肩こりと言っても感じ方や原因が一人一人違います。

毎日の生活の中で、どんな時に肩こりを感じるのかは様々です。

痛みや緊張が起きている筋肉だけを揉みほぐすだけでは体の問題は解消せず、姿勢や骨格、背骨・骨盤の根本を矯正し筋肉に負担がかからないように施術していく必要性があります。

多くの原因を占めているのが骨盤や背骨の歪みになります。

骨盤や背骨が歪むことにより頭を支えている筋肉に必要以上に負担がかかり血行が悪くなると筋肉が冷えてきます。

筋肉中に流れている水と潤滑物質が冷えて固まり、筋繊維の動きを妨げて肩こりの原因につながります。

肩こりの施術

体の骨格、背骨・骨盤矯正で体の歪みを根本調整

お子さんからご年配の方まで安心して受けられる筋膜矯正で筋肉・筋膜の歪みを根本調整

トリガーポイント施術で負担のかかっている深層筋のトリガーポイントを筋肉調整

つながり整骨鍼灸院グループに、安心してお越しください。

「こんなによくなるなら早く来ればよかった」と、多くの喜びの声をいただいております。

いま感じているきつい肩こり・・・ひどくなる前に是非ご相談を!!

頭痛

2022.02.08

このようなお悩みありますか?

このような頭痛でお困りではありませんか?

頭痛を根本から解消しましょう!

✅ 天候の変化や季節の変わり目で頭痛が出やすい

✅ 目の疲労から頭痛になる

✅ 病院に行ったが特に異常はないが頭痛が解消されない

✅ 頭痛からめまいや吐き気が起きる

✅ 痛み止めを飲んでもその場しのぎでなかなか解消されない

✅ デスクワークが多く姿勢が猫背なってしまっている

なぜ頭痛は起こるのか?

国内で頭痛をお持ちの方は約3,000万人、4人に1人以上と言われます。頭痛の種類は「一次性頭痛」と危険性の強い「二次性頭痛」があります。「二次性頭痛」とは、くも膜下出血や髄膜炎、脳腫瘍等の病気によって引き起こる頭痛の為、すぐに病院で医師の判断のもと適切な治療が必要となります。

当院では病気が原因ではない、慢性的に痛む「一次性頭痛」に対しての施術を行います。

「一次性頭痛」は下記の3つに分類されます。

①片頭痛

ズキンズキンと脈を打つように激しく痛みます。頭を動かすだけで痛みが増し、光や音が気になること、吐き気がして吐いてしまう事があります。女性に多く見受けられ、痛みは月1~2回程度、または週2回くらいの頻度で起きます。

 ②緊張型頭痛

頭全体、後頭部が締め付けられる様な痛み特徴になります。日々の生活での緊張や精神的ストレス、長時間のデスクワークや運転で同じ姿勢が続き身体的ストレスで悪化します。吐き気はしても実際に吐くことはなく、肩こりやめまいを伴うケースがあります。

③群発性頭痛

耐え難い痛みが特徴となります。激しく目の奥が痛み、必ず頭の片側が痛みます。男性に多く見受けられ、1~2ヶ月ほど継続して毎日起こりやすいです。

「一次性頭痛」は、主に筋肉の緊張と自律神経の乱れによって引き起こることが多いようです。

主に頸や肩周囲の筋肉が緊張している方が非常に多く、悪い姿勢(猫背)や目の疲労があります。

他にも緊張の原因を考えると家事や仕事、子育てが忙しく疲れている方など肉体的バランスと精神的バランスが崩れている方が多く見受けられます。

一般的な頭痛に対する施術方法とは?or症状が改善しない理由とは?

頭痛を解消するためには、

  • ①頚、肩周囲の筋肉の緊張を取り除く
  • ②背骨・骨盤を整え姿勢を正しく整え筋肉にかかる負荷を取り除く
  • ②自律神経を整えるアプローチ

痛み止めや頭痛薬は一時的な痛みは緩和しますが、根本的原因に対してのアプローチではないため症状を繰り返しやすいです。頭痛の解消には、筋肉緊張、骨格の調整、自律神経の乱れを治す根本原因へのアプローチが大切になります。

頭痛に対する当院の施術方法とは?

①トリガーポイント施術で深層筋をアプローチ

表層の筋肉だけではなく、痛みの根本は深層筋に存在することが多いです。

トリガーポイント施術で深層筋を、しっかりアプローチし痛みを根本から解消しましょう。

②痛みを繰り返さないための背骨・骨盤矯正!

表面の筋肉だけアプローチしても痛みが解消されることは少ないです。

体の土台である骨盤、そして支柱となっている背骨、骨格の歪みやバランスを独自の専門技術で矯正する施術法になります。

筋肉に過度な負担がかからないように、背骨や骨盤の位置を整え、体全体のバランスを矯正していきます。

原因をしっかり見極めて矯正することで今まで放置されていた深層筋までアプローチが行えるため、少ない回数で痛みが解消されます。

痛みを繰り返さない為にも8回~12回程度の矯正を行う事で、多くの状態は解消されます。

③筋膜矯正でクセの強い腰痛を解消

悪いクセのついた筋肉や筋膜を手技で調整し、関節との連動性を高めて動きをよくしていく施術です。

背骨や骨盤への負担が軽減されます。

④鍼灸施術

きわめて細いステンレス製の鍼(長さ約40mm~80mm、太さ直径0.17mm~0.33mm)を経穴(ツボ)に刺入します。刺入方法は、主に管鍼法と言って円形の合成樹脂製の筒を用いて無痛で刺入します。 施術法は、症状に合わせ、経穴(ツボ)に刺入した鍼を一定の刺激(鍼を上下したり回旋、振動させたりします。)を加え直ぐに抜く方法、10~15分間置いておく方法、刺入した鍼に、微弱な低周波パルス通電をする方法、刺入せずに皮膚に接触させたり押圧させたする方法の4方法から選択して行います。いずれも血液循環を促進し痛み、筋肉のコリ、神経痛に効果があります。 

ストレートネック

2022.02.08

このようなお悩みありますか?

✅ スマホやパソコンを見る時間が非常に多い

✅ レントゲンで頸の骨がまっすぐと言われたことがある

✅ 首あたりが詰まっている感覚になることがある

✅ 首・肩こり・頭痛がひどい

✅ 左右・前後に首が向きにくい

ストレートネックでお悩みの方は、つながり整骨鍼灸院グループの施術でそのお悩み解消しませんか?

当グループでは、様々な症状を引き起こしてしまうストレートネックを、早い段階で回復するプログラムをご用意しております。

根本的に回復を目指し日常生活を快適に送れるようにサポートしてまいります。

なぜストレートネックは起こるのか?

頸の背骨は、7個の骨が積み重なっている場所で、前後屈左右回旋といった動きの首の動き全てに関わり、その他に、頭の重さを支える・腕や肩、手指に繋がる神経の保護など役割は多くにわたります。

また、ストレートネックが原因による寝違えや頸椎ヘルニアなどの首の痛みや症状も、近年悩まれている方がとても多く増えてきています。

その背景には、スマホやパソコンのデジタル機器の発達や高さのある枕を使っていたりがすることあげられます。

今では、情報を得るためにパソコンやスマートホンなどが主流ですが、その分画面に集中すると巻き肩や猫背になり、頭の重みで首に大きな負担がかけてしまいます。

頭の重さだけならまだしも、僧帽筋や肩甲挙筋により首への負担が増し、頭と首が綱引き状態となってしまい頸の背骨がまっすぐになってきてしまいます。

それが近年耳にする「スマホ首」と言われる別名です。

男性よりも女性や子供に多く、理由としては関節の柔らかさや筋力の強さが大きな要因になっています。

と言っても男性も油断は禁物です。

また、うつむく角度によって首の骨にかかる負担の大きさが変わってきます。

0度→約4~6キロ

30度→18キロ

60度→27キロ

と上記のように首の角度によって肩や頸の背骨にかかる重さが大きくなるのがわかると思います。

お子様がソファなどで寄りかかっている姿勢でスマホやゲームをすることは、相当な負荷がかかっているということになります。

また、頭部の重さがかかる事により、筋肉の負担が当然大きくなり肩や背中の緊張も感じやすくなり、慢性的な肩こりや頭痛などの体調不良の原因につながっています。

頸椎に負担がかかると、緊張性の頭痛やめまい吐き気などといった自律神経系の症状を引き起こしたり、腕や手指のしびれが現れる可能性もあります。

上記のような痛みや当てはまるものが出てきている場合、そのままにせず一度、つながり整骨鍼灸院グループまでご相談ください。

ストレートネックに対する当院の施術方法とは?

ストレートネックの原因と言われる、首から肩にかけての筋肉や頸の背骨を正常な動きに戻すための筋膜矯正や骨格矯正などを行って参ります。

人によって姿勢(猫背)の角度・首の角度、肩の左右のバランス差が違いますので、施術を行う筋肉を見つけいていきます。

必要に応じては全身の背骨や骨盤からアプローチする必要性もあります。

なぜかというと、背中の筋肉は頸から骨盤にかけて付いていて、体のなかでも長い筋肉になります。

猫背の姿勢や巻き肩などにより脊柱起立筋群という筋肉が硬くなり背骨や骨盤の動きを悪くし、背中~首にかけて影響を及ぼしてきてしまう可能性があります。

背骨や骨盤の動きを戻し、背部の筋肉の動きをスムーズにすることで首への影響も非常に少なくなります。

また、猫背の姿勢だと体幹が弱い状態になってしまいがちです。それらが長期間続いてしまうと体幹部分の筋力ダウンにつながり首への影響を更に大きくしてしまいまので筋力アップも必要になっていきます。

EMSトレーニングを行い、姿勢の回復・保持を図っていくことも首への負担を無くすことにつながります。

お悩みの方は是非一度当グループへご相談ください。

四十肩・五十肩

2022.02.08

このようなお悩みありますか?

✅ 夜寝ていると肩がズキズキ痛み寝られない

✅ 痛くて腕が上まで上がらない

✅ 後ろの物が取れない

✅ 服を脱ぎ着するときが辛い

✅ 注射や湿布でなかなか回復しない

✅ 肩の痛みで家事や仕事ができない

なぜ四十肩・五十肩は起こるのか?

四十肩・五十肩とは、肩関節の運動痛と夜間痛のことで、四十肩・五十肩と言うのは、俗称で正式には【肩関節周囲炎】と呼びます。

50代を中心とする40~60歳代の方に多く見受けられます。

肩の関節は、骨や軟骨、靭帯、腱などによって構成されていて、四十肩・五十肩は、この組織が老化しまい関節内の腫れや熱感を引き起こし、肩関節の関節包が狭小化した結果、肩関節の動きの制限や強い痛みが生じる状態です。

多くの場合は、運動指導や痛み止めなどの保存的な施術で解消していきます。

進行すると肩関節の動きが悪くなり、肩関節拘縮、凍結肩(Frozen Shoulder)と言われる状態になってしまいます。

一般的な四十肩・五十肩に対する施術方法とは?or症状が改善しない理由とは?

四十肩・五十肩になってしまったら?

①痛み止め・注射を使って一時的に痛みを和らげる

状態がひどい方の場合は、ズキズキするような非常に強い痛みを感じる場合がありますので無理せず注射や痛み止めでツライ痛みを一度止めつつ、運動やリハビリをしていくことが大切です。

➁運動指導・リハビリ

痛みと共に周りの筋肉・筋膜が強固に固まってしまいます。

大切なことは、固まってしまっている筋肉・筋膜をそのままにせず、動かすように運動していくことです。

無理やり動かしたり、正しく運動しないと悪化してしまう可能性がありますのでご注意ください。

③手術(稀なケース)

基本的には保存的な方法で解消することが一般的です。

四十肩・五十肩に対する当院の施術方法とは?

①トリガーポイント施術で深層筋をアプローチ

表層の筋肉だけではなく、みの根本は深層筋に存在することが多いです。

トリガーポイント施術で深層筋を、しっかりアプローチし痛みを根本から解消しましょう。

②痛みを繰り返さないための背骨・骨盤矯正!

表面の筋肉だけアプローチしても痛みが解消されることは少ないです。

体の土台である骨盤、そして支柱となっている背骨、骨格の歪みやバランスを独自の専門技術で矯正する施術法になります。

筋肉に過度な負担がかからないように、背骨や骨盤の位置を整え、体全体のバランスを矯正していきます。

原因をしっかり見極めて矯正することで今まで放置されていた深層筋までアプローチが行えるため、少ない回数で痛みが解消されます。

痛みを繰り返さない為にも8回~12回程度の矯正を行う事で、多くの状態は解消されます。

③筋膜矯正でクセの強い腰痛を解消

悪いクセのついた筋肉や筋膜を手技で調整し、関節との連動性を高めて動きをよくしていく施術です。

痛みを抱えているところへの負担が軽減されます。